嘘返神事(読み)うそがえしのしんじ

  • うそがえしのしんじ うそがへし‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 京都島原の遊里で正月一五日に行なった行事。遊客を欺いた一年のうそを払い捨てるために同夜、遊女や店の者が色紙などを持って幸天神(さいわいてんじん)に参り、「うそを返す」と唱えて互いに取り替える。
※歌舞伎・傾城金秤目(1792)三立「こりゃ島原の廓の習ひ、うそがへしの神事といふて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android