コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘯巌全虎 しょうがん ぜんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘯巌全虎 しょうがん-ぜんこ

?-? 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。伯耆(ほうき)(鳥取県)竜泉寺の仙林性菊(せんりん-しょうきく)(?-1516)に師事し,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,ついで美作(みまさか)(岡山県)青蓮寺住持となる。のち伯耆の安泰寺,東昌寺の開山(かいさん)となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

嘯巌全虎の関連キーワード戦国時代曹洞

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android