(読み)ショク

精選版 日本国語大辞典の解説

しょく【嘱】

〘名〙 口ぞえしてたのむこと。頼みまかせること。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉附録「『破垣』は初め未販売の某婦人雑誌の嘱(ショク)に応じて稿を起せしものにして」

しょく‐・す【嘱】

〘他サ変〙 ⇒しょくする(嘱)

しょく‐・する【嘱】

〘他サ変〙 しょく・す 〘他サ変〙
① 相手に何かを頼んだり、期待したりする。また、ことづける。伝言する。依頼する。望みをかける。属(しょく)する。ぞくする。
※日本外史(1827)一三「凡百需索宜信長
② (目を)つける。また、(望みを)かける。属(しょく)する。ぞくする。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「欧米諸国は貿易に慣て、世界の珍宝を見知したれば、黄金には甚しく目を嘱せず」

ぞく‐・す【嘱】

〘他サ変〙 ⇒ぞくする(嘱)

ぞく‐・する【嘱】

〘他サ変〙 ぞく・す 〘他サ変〙 依頼する。託する。ことづける。また、望みをかける。しょくする。
※読本・英草紙(1749)四「其死せんとする前時、我に嘱(ゾク)して云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネージメントの方法論の1つ。目標管理とも呼ばれている。目標によって管理する対象は事業や仕事の内容、あるいは部下の活動であって、目標を管理することとは意を異にする。事業や部署の内容に応じた最適な目標を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘱の関連情報