コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘱目/属目 ショクモク

デジタル大辞泉の解説

しょく‐もく【嘱目/属目】

[名](スル)
今後どうなるか、関心や期待をもって見守ること。「将来を―される」
目を向けること。
「満場衆員の、最も―する所は」〈竜渓経国美談
俳諧で、指定された題でなく即興的に目に触れたものを詠むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

嘱目/属目の関連キーワード嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾ジャック プレヴェールコールリジ嘱目・属目サンタマン土田麦僊村田新八観世元雅正中の変千宗旦許南麒目する古沢滋序詞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android