コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘱目/属目 ショクモク

デジタル大辞泉の解説

しょく‐もく【嘱目/属目】

[名](スル)
今後どうなるか、関心や期待をもって見守ること。「将来を―される」
目を向けること。
「満場衆員の、最も―する所は」〈竜渓経国美談
俳諧で、指定された題でなく即興的に目に触れたものを詠むこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

嘱目/属目の関連キーワード嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾ジャック プレヴェールコールリジ嘱目・属目サンタマン土田麦僊村田新八観世元雅正中の変千宗旦許南麒目する古沢滋序詞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android