コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噬臍/噬斉 ゼイセイ

デジタル大辞泉の解説

ぜい‐せい【××臍/×噬斉】

《「春秋左伝」荘公六年から。「噬」はかむ、「臍」はへその意》取り返しのつかないことを後悔すること。ほぞをかむこと。
「十年を待たずして必ず―の悔あらん」〈露伴運命

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android