四つに組む(読み)よつにくむ

精選版 日本国語大辞典の解説

よつ【四つ】 に 組(く)

① 相撲で、両方の力士が互いに両手を差し合ってがっぷりと組み合う。四つに渡る。よっつに組む。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉一九「力を商ひにする相撲が、四(ヨ)つに組(ク)んで、かっきり合った時」
② 転じて、互いに正面からぶつかって堂々と争う。四つに渡る。よっつに組む。
※デカダン文学論(1946)〈坂口安吾〉「藤村は人生と四つに組んでゐるとか、最も大きな問題に取組んでゐるとか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

四(よ)つに組(く)・む

相撲で、四つ4の体勢になる。四つに渡る。
正面から堂々と争う。四つに渡る。「困難と―・む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android