コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四つの四重奏 よっつのしじゅうそうFour Quartets

世界大百科事典 第2版の解説

よっつのしじゅうそう【四つの四重奏 Four Quartets】

アメリカ出身でイギリスに帰化した詩人T.S.エリオットの長編詩。1943年刊。《バーント・ノートンBurnt Norton》(1936発表),《イースト・コーカーEast Coker》(1940),《ドライ・サルビッジズThe Dry Salvages》(1941),《リトル・ギディングLittle Gidding》(1942)という作者ゆかりの地名をそれぞれ題名とした4編の室内楽的構成の詩より成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四つの四重奏
よっつのしじゅうそう
Four Quartets

イギリスの詩人T・S・エリオットの長編詩。1943年刊。『バーント・ノートン』(1936)、『イースト・コーカー』(1940)、『ドライ・サルベージズ』(1941)、『リトル・ギディング』(1942)の総称。1、2、4部の題はイギリスの古い屋敷や村の名前、3部はアメリカのマサチューセッツ州沖の岩礁群の名称で、エリオットの過去の生活や、歴史的な由来についての連想を伴う。詩人はこれらの情景描写をきっかけに、人間の意識のあり方を探り、啓示の瞬間をとらえようとする。時間と永遠についての深い省察が全編を貫き、現実と幻想が入り混じり、第二次世界大戦中の緊迫した雰囲気も加わる。エリオットの詩的総決算ともいうべき代表作の一つ。[高松雄一]
『二宮尊道訳著『四つの四重奏』(1966・南雲堂) ▽森山泰夫注解『四つの四重奏曲』(1980・大修館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の四つの四重奏の言及

【エリオット】より

… 詩《うつろな人間》(1925)でさらに現代人の悲惨を掘り下げたあと,エリオットは宗教的転向をとげる。《聖灰水曜日》(1930)から《四つの四重奏》(1943)にいたる宗教詩は,現代の代表的知性が苦悩をへて信仰者として成熟してゆく道程を示している。この内面的宗教詩人はまた,公的な論壇で重きをなす文明批評家でもあった。…

※「四つの四重奏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四つの四重奏の関連キーワードエリオット(Thomas Stearns Eliot)荒地

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android