コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四つの気質

デジタル大辞泉プラスの解説

四つの気質

ロシア出身、アメリカで活躍した振付家ジョージ・バランシンによるバレエ(1946)。原題《The Four Temperaments》。『フォー・テンペラメント』とも呼ばれる。初演はニューヨーク・シティ・バレエ団。音楽はパウル・ヒンデミット。ストーリーがない抽象バレエであり、バランシンの代表作の一つとして知られる。

四つの気質

デンマークの作曲家カール・ニールセンの交響曲第2番(1901)。原題《De fire temperamenter》。ヒポクラテスに由来する体液による気質分類をなぞり、胆汁質、粘液質、憂鬱質、多血質という4楽章で構成される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

四つの気質の関連キーワードニールセン(Carl August Nielsen)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android