コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四つ竹節 ヨツダケブシ

デジタル大辞泉の解説

よつだけ‐ぶし【四つ竹節】

江戸前期、承応(1652~1655)のころに長崎の一平次が始めたという小唄四つ竹に合わせて歌うもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

四つ竹節

富山県の民謡。五箇山地方の踊り唄で、四つ竹を鳴らしながら歌われる。昭和30年ごろにそれまで『島心中』と呼ばれていた唄に、新たに詞をつけたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

よつだけぶし【四つ竹節】

承応(1652~1655)の頃、長崎の人一平次が始めた小唄。四つ竹に合わせて歌うもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四つ竹節の言及

【四つ竹】より

…(2)歌舞伎囃子の名称。〈四つ竹節〉〈四つ竹合方〉などと呼ばれ,生世話物で町の貧家などの場面の幕あき,出入りなどに用いられる。【長尾 一雄】。…

※「四つ竹節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四つ竹節の関連キーワード富山県門付歌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android