コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四六店/四六見世 シロクミセ

デジタル大辞泉の解説

しろく‐みせ【四六店/四六見世】

《揚げ代が夜は400文、昼は600文であったところから》天明寛政のころ、江戸にあった下等の娼家(しょうか)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

四六店/四六見世の関連キーワード四六

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android