四国稗(読み)シコクビエ

大辞林 第三版の解説

しこくびえ【四国稗】

イネ科の一年草。高さ約80センチメートル。実は黄赤色で食用・飼料となる。東アフリカ・インド原産。日本には中国を経て古く渡来、現在は飼料としてまれに栽培される。弘法稗。唐稗からびえ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android