コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四宝銀 シホウギン

デジタル大辞泉の解説

しほう‐ぎん【四宝銀】

江戸幕府が正徳元年(1711)から翌年にかけて鋳造した丁銀豆板銀。表面に4個の「宝」の字の極印を刻む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しほうぎん【四宝銀】

江戸幕府が1711年から翌年にかけて鋳造した丁銀・豆板銀。名称は四つの「宝」字の極印による。四宝字銀。よつたからぎん。

よつたからぎん【四宝銀】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

四宝銀の関連キーワード浮世草子佩文韻府秋山角左衛門御当家令条佩文韻府正徳ヨーゼフ1世会津農書江島其磧高知県の建設業