四宝銀(読み)シホウギン

大辞林 第三版の解説

しほうぎん【四宝銀】

江戸幕府が1711年から翌年にかけて鋳造した丁銀・豆板銀。名称は四つの「宝」字の極印による。四宝字銀。よつたからぎん。

よつたからぎん【四宝銀】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しほう‐ぎん【四宝銀】

〘名〙 江戸時代、宝永八年(一七一一)二月から鋳造発行された丁銀と豆板銀。表面に「宝」の字が四個打刻されている。よつほうぎん。
※財政経済史料‐二・経済・貨幣・鋳造発行の沿革・寛政一〇年(1798)五月日「慶長以来於銀座吹立候慶長銀元祿銀〈略〉三宝銀四宝銀」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android