四幅(読み)よはば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四幅
よはば

四幅織物の略。「よの」ともいう。広幅織物のなかで最も幅の広いものをいう。日本の国内規格の呼称で,和服地並幅 (約 36cm) の4倍の 147cm前後のものをさし,天竺,更紗,キャラコなどがある。この地でつくったふとんを四布 (よの) ぶとんという。また洋服地の広幅または全幅織物に相当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

よの【四幅】

並幅の布を四つ縫い合わせた幅。また、その幅の布。
「四幅布団」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android