コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四幅 よはば

3件 の用語解説(四幅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四幅
よはば

四幅織物の略。「よの」ともいう。広幅織物のなかで最も幅の広いものをいう。日本の国内規格の呼称で,和服地の並幅 (約 36cm) の4倍の 147cm前後のものをさし,天竺,更紗,キャラコなどがある。この布地でつくったふとんを四布 (よの) ぶとんという。また洋服地の広幅または全幅織物に相当する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

よの【四幅】

並幅の布を四つ縫い合わせた幅。また、その幅の布。
「四幅布団」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四幅の関連情報