コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四平山遺跡 しへいざんいせきSì píng shān yí jī

世界大百科事典 第2版の解説

しへいざんいせき【四平山遺跡 Sì píng shān yí jī】

中国遼寧省大連市営城子にある新石器時代晩期の墳墓群。1941年に日本学術振興会によって発掘された。遼東半島の先端の黄竜尾半島の渤海に面する四平山(192m)の南北2峰の稜線上に分布する積石塚群で四平山石塚ともよばれる。その中の22基の石塚が調査された。35号墓は全長18.25mで,石灰岩の岩盤の上に,同質の割石を石垣状に2~7段に方形に積み上げ,その内部は4区に分かれて竪穴式石室をもっている。36号墓は全長120mで,内部は24区に分かれ竪穴式石室を内部主体としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の四平山遺跡の言及

【積石塚】より

…この積石は,高句麗もしくは,さらに北方草原地帯のクルガンの中の積石塚に系譜を求められるかもしれない。中国では,高句麗の積石塚を除くと,東北地方の遼東半島にあって,遼寧省大連市の老鉄山や四平山(四平山遺跡)の丘陵地に,中小の積石塚が多数知られるが,いずれも新石器時代の竜山期に属する。【西谷 正】。…

※「四平山遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone