コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四度の使 シドノツカイ

4件 の用語解説(四度の使の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しど‐の‐つかい〔‐つかひ〕【四度の使】

奈良・平安時代国司が行政・財政の実態を朝廷に上申するため、四度の公文(くもん)を持参して上京させた使者。大帳使・正税使(しょうぜいし)・貢調使・朝集使のこと。しどし。よどのつかい。

よど‐の‐つかい〔‐つかひ〕【四度の使】

しどのつかい

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しどのつかい【四度の使】

奈良・平安時代、毎年国司から中央政府に対して行財政の報告のために、四度の公文くもんを携えて上京させた使い。大帳使・正税使・貢調使・朝集使をいう。しどし。よどのつかい。

よどのつかい【四度の使】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四度の使の関連キーワード三国司庁宣不三得七王朝時代交替式借位租帳救急料売位国司館

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone