コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四度の使 シドノツカイ

デジタル大辞泉の解説

しど‐の‐つかい〔‐つかひ〕【四度の使】

奈良・平安時代国司が行政・財政の実態を朝廷に上申するため、四度の公文(くもん)を持参して上京させた使者大帳使正税使(しょうぜいし)・貢調使・朝集使のこと。しどし。よどのつかい。

よど‐の‐つかい〔‐つかひ〕【四度の使】

しどのつかい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しどのつかい【四度の使】

奈良・平安時代、毎年国司から中央政府に対して行財政の報告のために、四度の公文くもんを携えて上京させた使い。大帳使・正税使・貢調使・朝集使をいう。しどし。よどのつかい。

よどのつかい【四度の使】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四度の使の関連キーワード四度の公文四度使雑掌公文

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android