四度の使(読み)シドノツカイ

デジタル大辞泉の解説

しど‐の‐つかい〔‐つかひ〕【四度の使】

奈良・平安時代国司が行政・財政の実態を朝廷に上申するため、四度の公文(くもん)を持参して上京させた使者大帳使正税使(しょうぜいし)・貢調使・朝集使のこと。しどし。よどのつかい。

よど‐の‐つかい〔‐つかひ〕【四度の使】

しどのつかい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しどのつかい【四度の使】

奈良・平安時代、毎年国司から中央政府に対して行財政の報告のために、四度の公文くもんを携えて上京させた使い。大帳使・正税使・貢調使・朝集使をいう。しどし。よどのつかい。

よどのつかい【四度の使】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android