貢調使(読み)こうちょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貢調使
こうちょうし

律令制度の四度使 (よどのつかい) の一つ。調,庸,雑物運上を主とし,租帳調帳,庸帳,運調脚帳,匠丁帳,浮浪帳などの枝文 (えだぶみ) をも太政官に提出した。原則として国司目以上をこの任にあてた。使は国の遠近により 10月から 12月までに入京,上申し,返抄を受けた。返抄なく帰国する使は給与を奪われ,のちの昇進にさしつかえた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうちょうし【貢調使】

四度使よどのつかいの一。律令制下、調・庸などの現在高を記した調帳を調・庸の品とともに中央に納める使者。調使。調庸使。調進使。
献上品を納めるために来朝する使節。朝貢使。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貢調使
こうちょうし

律令(りつりょう)時代、地方政治の実態を中央政府に報告するため上京した四度使(よどのつかい)の一つ。調庸の現物とともに、調帳、庸帳をはじめとする公文(くもん)を京進(きょうしん)し、監査を受ける。近国は10月30日、中国は11月30日、遠国は12月30日以前に上京するものと規定されていた。[福岡猛志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうちょう‐し コウテウ‥【貢調使】

〘名〙 令制で、四度使の一つ。諸国の調、庸、雑物を記した調帳を調庸と共に政府に運納する使い。その時期は、近国は一〇月三〇日、中国は一一月三〇日、遠国は一二月三〇日以前とした。調使。調庸使。調進使。調帳使。〔正倉院文書‐天平五年(733)一一月・出雲国計会帳〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の貢調使の言及

【輸租帳】より

…租帳ともいう。貢調使が関係帳簿とともに中央に提出した。717年(養老1)5月に大計帳,青苗簿(せいびようぼ)などの帳簿と同様に輸租帳の記載様式が諸国に頒布された。…

【四度使】より

…(1)日本古代の律令制のもとで,国衙(こくが)の政務などを報告するため,毎年定期に上京する4種の使者。朝集使(ちようしゆうし),大帳使(だいちようし)(計帳使とも),貢調使(こうちようし),正税帳使(しようぜいちようし)をさす。いずれも国司がその任にあたるが,朝集使のみ四等官にかぎられ,他は史生(ししよう)などの雑任(ぞうにん)でもよかった。…

※「貢調使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android