コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四摂事 ししょうじcatur saṃgraha vastu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四摂事
ししょうじ
catur saṃgraha vastu

菩薩が人々を導く方法を4種に分類したもの。四摂法ともいう。 (1) 布施 (真理を教え,財物を与えること) ,(2) 愛語 (やさしい,いたわりのある言葉をかけること) ,(3) 利行 (りぎょう。人々に利益を与えること。人々のためになる行い) ,(4) 同事 (人々に協力すること。人々と同じ姿をし,同じ仕事をしながら人々を教化していくこと) の4種。この4つは人々を包容する事柄 (事) であるから,「摂」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

四摂事の関連キーワード菩薩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android