コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛語 あいご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛語
あいご

仏教を実践する人が人々をひきつけるためにそなえるべき4種の美点 (→四摂事 ) の一つ。愛語摂ともいう。あたたかい心のこもった言葉をかけること。これによって人々に接近し,彼らを悟り境地に導く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あい‐ご【愛語】

《〈梵〉priya-vāditāの訳》菩薩が他者に対して心のこもった優しい言葉をかけること。人々を救いに導く実践行である四摂事(ししょうじ)の一。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいご【愛語】

〘仏〙 四摂法ししようぼうの一。仏道に導くため、親しみの気持ちを抱くような心のこもった言葉をかけること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛語
あいご

仏教用語。菩薩(ぼさつ)が人々を救うにあたって、人々を誘い仏道に導いていくための四つの方法(四摂法(ししょうぼう))のうちの一つ。優しいことば、親しみのある心のこもったことば、人々に対する慈悲心(慈しみの心)から発せられたことば、親愛の心をおこさせることばをいう。[伊藤秀憲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

愛語の関連キーワード吉澤智美親しみことば四摂法仏道仏教

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛語の関連情報