コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四明岳 しめいがたけ

2件 の用語解説(四明岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四明岳
しめいがたけ

京都市と滋賀県大津市との境にある比叡山のなかの一峰。最高峰である大比叡 (848m) の少し西方にあり,標高 839m。北側は古生層の変成岩,南側は黒雲母花崗岩から成る。西麓の八瀬からケーブルカーロープウェーが通じ,山頂には展望台や叡山自然科学館などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四明岳
しめいがたけ

京都府と滋賀県の境界にそびえる比叡(ひえい)山の一峰。比叡山頂は東の大比叡(おおびえ)(848メートル)と西の四明ヶ岳(839メートル)に分かれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の四明岳の言及

【比叡山】より

…延暦寺があり,日枝(ひえ),叡山,北嶺などとも呼ばれた。大比叡岳(848m)が主峰で,そのすぐ西にある四明岳(839m)と北につらなる釈迦ヶ岳(750m),水井山(794m),三石岳(676m)の5峰を総称してふつう比叡山と呼ぶ。南北約12kmに及ぶ山体の東西両側は急傾斜の断層崖となっているが,山頂部は比較的緩傾斜で,一部平たん面もみられる。…

※「四明岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四明岳の関連情報