コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四禅 シゼン

デジタル大辞泉の解説

し‐ぜん【四禅】

仏語。欲界を離れた色界での4種の段階。初・第二禅・第三禅・第四禅の称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しぜん【四禅】

〘仏〙「四禅天しぜんてん」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四禅の言及

【禅】より

…禅は,広く古代インドに行われた,精神統一の技術であるヨーガの一段階より発達して,仏教でその智的側面を深め,独自の禅定思想を生むのである。仏典に説く,戒定慧の三学や,四禅八定の体系は,いずれも他のインド宗教がもつ禅の苦行や,神秘な昇天の側面を否定し,自覚的な悟りの方法となる。戒は身体と言葉の乱れを静め,定は心を調えて本来の自己に目覚める方法で,慧はその成果にほかならぬ。…

※「四禅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四禅の関連キーワード三千世界三界諸天第四禅天初禅天四禅天大梵天中間禅仏語憐昭負笈三界四戒

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四禅の関連情報