四角藺(読み)シカクイ

大辞林 第三版の解説

しかくい【四角藺】

カヤツリグサ科の多年草。山中の湿地に自生。茎は四角柱状で、根茎から直立して株となり、高さ約30センチメートル。葉は退化して鞘さやとなる。夏から秋にかけ、茎頂に淡褐色の小穂を一個つける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android