四酸化二窒素(読み)シサンカニチッソ

化学辞典 第2版の解説

四酸化二窒素
シサンカニチッソ
dinitrogen tetraoxide

N2O4(92.01).二酸化窒素を冷却すると無色の固体として得られる.融点-9.3 ℃.液体は淡黄色であるが,この色は二酸化窒素の存在による.沸点21.2 ℃ では約1% のNO2を含む.気体は高温になるほどNO2が増し,100 ℃ で約90% NO2となる.アルカリ金属と反応して硝酸塩一酸化窒素を生じる.液体はNOとNO3に分解しやすい.液体N2O4は無水硝酸塩をつくるときの溶媒,宇宙機ヒドラジン燃料の酸化剤などに用いられる.大気汚染物質(NOx)の一種である.[CAS 10544-72-6]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の四酸化二窒素の言及

【酸化窒素】より

…アルカリに溶かすと亜硝酸塩を生ずる。
[二酸化窒素nitrogen dioxide,四酸化二窒素dinitrogen tetroxide]
 前者の化学式はNO2,後者はN2O4。分子構造は表に示すように,NO2は折れ線構造であり,N2O4の安定な構造はNO2の二量体である。…

※「四酸化二窒素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android