コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四酸化二窒素 シサンカニチッソ

デジタル大辞泉の解説

しさんか‐にちっそ〔シサンクワ‐〕【四酸化二窒素】

二酸化窒素を冷却して得られる無色の固体。気体状態では二酸化窒素と平衡混合物になり、淡黄色を呈する。ロケット燃料の酸化剤などに用いられる。化学式N2O4

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の四酸化二窒素の言及

【酸化窒素】より

…アルカリに溶かすと亜硝酸塩を生ずる。
[二酸化窒素nitrogen dioxide,四酸化二窒素dinitrogen tetroxide]
 前者の化学式はNO2,後者はN2O4。分子構造は表に示すように,NO2は折れ線構造であり,N2O4の安定な構造はNO2の二量体である。…

※「四酸化二窒素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四酸化二窒素の関連キーワードロケット推進薬ニトロシル硫酸ニトロソアミンニトロ化合物硝酸マンガン液体推進剤ラジカル硝酸

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四酸化二窒素の関連情報