回転エネルギー(読み)カイテンエネルギー

化学辞典 第2版「回転エネルギー」の解説

回転エネルギー
カイテンエネルギー
rotational energy

分子が回転しているときのエネルギー.直線形分子の回転エネルギーEは,慣性能率Ib とすれば,量子力学によって次のように表される.

は波数単位で表してある.ℏはプランク定数の1/2π,cは光の速度,Jは回転の量子数で0または正の整数(J = 0,1,2,…)である.非直線形分子のときはJ以外の量子数が入ってくるが,対称こま分子では,

と表される.Ib と直角方向の慣性能率を Ia としたとき

ℏ/4πcIa
であり,Kはもう一つの量子数でK = 0,±1,±2,…,±Jの値をとることができる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「回転エネルギー」の解説

回転エネルギー
かいてんエネルギー
rotational energy

回転する物体がもつ運動エネルギーで,角速度 ω で回転する物体が静止するまでに他に対してなす仕事 Iω2/2 に等しい。 I回転軸に関する物体の慣性モーメントである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android