コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回鍋肉 ホイコーロー

3件 の用語解説(回鍋肉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホイコーロー【回鍋肉】

《〈中国語〉》中国の四川料理の一。豚バラ肉とキャベツ、長ネギなどを炒(いた)め合わせ、豆板醤甜麺醤とで味を付けたもの。ホイコウロウ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

回鍋肉

「回鍋」は「鍋に戻す」という意味で、すでに調理済みの料理を温め直すこと。よって本来は、塊のまま一度煮た豚肉を切って鍋に戻し、油で炒め直した料理をいう。日本における家庭用中華料理としては、豚肉の味噌炒めとみなされていることが多い。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ホイコーロー【回鍋肉 (中国)】

中国料理の一つで、四川料理の代表的なもの。豚肉をかたまりのままゆで、冷ましてから薄切りにして野菜と炒め合わせ、豆板醤(トウバンジャン)豆豉(トウチ)甜麺醤(テンメンジャン)しょうゆ・老酒(ラオチュウ)などで調味したもの。野菜は、四川ではにんにくの葉を用いるが、日本ではキャベツなどを用いることが多い。◇「回鍋」とは、一度調理したものを再び鍋に戻して調理する意。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回鍋肉の関連キーワード会席料理四川料理卓袱料理中国料理ジャンバラヤ棒棒鶏麻婆豆腐辣油豆板醤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回鍋肉の関連情報