老酒(読み)ラオチュー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老酒
ラオチュー

中国の代表的な穀類醸造酒。一般にもち米,とうもろこし,粟などを原料にした紹興酒のうち,長年貯蔵されたものをいう。製法により,また地域により種類も名称も異なるが,色は褐色で,やわらかな酸味と特有の苦みがあり,という名のように,年代を経たものほど珍重される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラオチュー【老酒】

《〈中国語〉》糯米(もちごめ)などの穀物と薬草を原料とする中国の醸造酒総称。アルコール分14パーセントぐらいで、古いものほど風味がなれてよくなる。また特に、紹興酒(しょうこうしゅ)の古いものをさす。

ろう‐しゅ〔ラウ‐〕【老酒】

古い酒。
ラオチュー(老酒)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ラオチュー【老酒】

〔中国語〕
中国で作られる醸造酒の総称。糯米もちごめ・糯粟もちあわ・糯黍もちきびなどを原料とする。古くなるほど味・香りがよくなる。紹興酒など。黄酒ホアンチユー。ラオチウ。

ろうしゅ【老酒】

古くなった酒。
ラオチュー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老酒の関連情報