コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団々珍聞 まるまるちんぶん

世界大百科事典 第2版の解説

まるまるちんぶん【団々珍聞】

1877年(明治10)3月24日創刊の風刺雑誌。四六倍判。週刊。発行所は団々社,のち珍聞館。内務省を辞職した広島県人野村文夫が,筆禍を恐れて直言直筆できない新聞雑誌に代わり,風刺精神をもって政府の施策を批判するという趣旨で発刊した。内容の中心は社説にあたる茶説や雑報,狂詩歌,狂句,狂画すなわち風刺漫画などで,読者の投稿を重視した。発刊以来爆発的人気を得て,〈まるちん〉の愛称で親しまれた。発行部数は最盛期で年間約25万9000余。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

団々珍聞の関連キーワード瘦々亭 骨皮鶯亭 金升石橋 思案石橋思案田島象二

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android