コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団々珍聞 まるまるちんぶん

1件 の用語解説(団々珍聞の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まるまるちんぶん【団々珍聞】

1877年(明治10)3月24日創刊の風刺雑誌。四六倍判。週刊。発行所は団々社,のち珍聞館。内務省を辞職した広島県人野村文夫が,筆禍を恐れて直言直筆できない新聞雑誌に代わり,風刺精神をもって政府の施策を批判するという趣旨で発刊した。内容の中心は社説にあたる茶説や雑報,狂詩歌,狂句,狂画すなわち風刺漫画などで,読者の投稿を重視した。発刊以来爆発的人気を得て,〈まるちん〉の愛称で親しまれた。発行部数は最盛期で年間約25万9000余。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

団々珍聞の関連キーワード菊池大麓杵屋六左衛門レヤード桐野利秋宮崎八郎オスロ大森貝塚既製服西南戦争大学南校

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone