本多錦吉郎(読み)ほんだ きんきちろう

  • 本多錦吉郎 ほんだ-きんきちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1851*-1921 明治-大正時代の洋画家。
嘉永(かえい)3年12月2日生まれ。もと安芸(あき)広島藩士。国沢新九郎画塾彰技堂でまなび,明治10年師の没後は画塾をひきつぐ。陸軍士官学校,東京高師などの教師をつとめ,晩年は庭園設計も手がけた。門下小川芋銭(うせん)らがいる。大正10年5月26日死去。72歳。は契山。作品に「羽衣天女図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の本多錦吉郎の言及

【明治・大正時代美術】より


[明治美術会と白馬会]
 明治10年代の後半,洋画家たちは一時息をひそめたが,この間にヨーロッパに渡った山本芳翠(フランス),原田直次郎(ドイツ),松岡寿(イタリア)らが帰国し,洋画界の新しい活動力となる。彼らは1889年浅井忠,小山正太郎,本多錦吉郎(きんきちろう)(1850‐1921。国沢新九郎の彰技堂に学んだ),曾山幸彦(そやまさちひこ)(1859‐92),川村清雄(きよお)(1852‐1934)らと最初の洋画家の団体である明治美術会を結成,展覧会を開いて洋画の積極的な啓蒙活動がくりひろげられることになる。…

※「本多錦吉郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本多錦吉郎の関連情報