コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂句 きょうく

6件 の用語解説(狂句の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂句
きょうく

(1) 俳諧が本来滑稽を旨とするところから,俳諧を連歌に対して卑下していう。「かれ狂句を好むこと久し」 (松尾芭蕉笈の小文』) 。 (2) 川柳の別称。前句付から付句が独立して一句立となったとき,この文芸形式について川柳の名が一般化しない頃,狂体の発句の意味で狂句といった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐く〔キヤウ‐〕【狂句】

無心連歌のこと。
松尾芭蕉の俳諧で、風狂の精神に基づく自由闊達で洗練された句。
川柳

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

狂句【きょうく】

(1)連歌俳諧用語。滑稽味の強い,形式・内容の破格な句。また自句を謙遜していう言葉としても用いられた。芭蕉に〈狂句木枯の身は竹斎に似たる哉〉(冬の日)という用法がみられる。
→関連項目死絵東海道名所記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうく【狂句】

たわぶれまたは滑稽の句の意。早くは,二条良基の《筑波問答》に連歌の風体を分類し,中に〈狂句〉の1体が認められ,芭蕉にも〈かれ狂句を好むこと久し〉(《笈の小文》)や〈狂句こがらしの身は竹斎に似たる哉〉とあり,俳諧と同義,もしくは物に興じた発句の意に使用された。しかし狭義では,初代川柳時代の作品を〈古川柳〉とし,2世以後の旧派作品を狂句と呼ぶ習慣ができている。1824年(文政7)には,4世川柳が,従来の〈前句〉の称が単独17音句には合わないので〈俳風狂句〉と称してみずから元祖を名のり,次いで5世が,1841年(天保12)に〈柳風狂句〉と改称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうく【狂句】

連歌・俳諧で、たわむれの句、滑稽な句のこと。連歌では無心連歌をさす。俳諧が盛んになると俳諧そのものをさし、また、蕉門では風狂精神に基づく自由闊達な句をいう。
川柳のこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狂句
きょうく

広義には戯れまたは滑稽(こっけい)な句の意であるが、狭義には川柳(せんりゅう)の別称。4世川柳が文政(ぶんせい)年中(1818~30)に「俳風狂句」と称したのが最初。それまでは適当な名称がなく、「川柳の選」「川柳点」などといって人名と紛らわしいので、考えついたものである。5世川柳は「柳風(りゅうふう)狂句」と変え、のちにはただ「狂句」とよばれてたとえば『狂句うめ柳』という川柳集もある。その後、川柳と狂句は並行的に用いられ、明治末になって文学史的には「川柳」で統一されたが、一般には「狂句」がいつでも用いられた。
 なお別に、初期の古川柳の新鮮な味わいに対して、末期川柳にある卑俗さや技巧過多を「狂句」とよんで非難する使い方が一時期あったがいまはほとんど用いられない。[浜田義一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狂句の関連情報