コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団七九郎兵衛 だんしち くろべえ

2件 の用語解説(団七九郎兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

団七九郎兵衛 だんしち-くろべえ

人形浄瑠璃(じょうるり)の登場人物
並木千柳,三好松洛(しょうらく),竹田小出雲の合作で延享2年(1745)に初演された「夏祭浪花鑑(なにわかがみ)」中の魚屋あがりの侠客。その衣装は柿色の弁慶縞(じま)で,団七縞とよばれ流行した。また歌舞伎にもとりあげられた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

団七九郎兵衛

人形浄瑠璃「夏祭浪花鑑」の登場人物。元禄10(1697)年ごろ大坂で起きた団七という人物の舅殺しと,延享1(1744)年堺の魚売りが博奕の恨みから犯した殺人事件をモデルにしている。芝居の代表作は,同2年大坂竹本座初演「夏祭浪花鑑」。もと魚屋の団七九郎兵衛は友人の釣船の三婦や一寸徳兵衛らと共に,恩のある玉島磯之丞と馴染みの傾城のために働くが,欲張りの舅三河屋義平次に侮辱されたため,やむなく殺人をおかしてしまう。男伊達に対する憧れが,歯切れのいい団七像を形成していったのであろう。<参考文献>『歌舞伎オン・ステージ3』

(武藤純子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の団七九郎兵衛の言及

【夏祭浪花鑑】より

…《摂陽奇観》はほかに,1744年冬に堺の魚売りが長町裏で人を殺し,翌春露顕して処刑された話を,実説として掲げる。男達(おとこだて)団七九郎兵衛は,恩を受けた玉島兵太夫の子息磯之丞とその愛人琴浦を守るために,欲に目がくれて琴浦をかどわかそうとした舅義平次を,心ならずも長町裏で殺す。団七と盟約を交わした一寸(いつすん)徳兵衛と釣船三婦(さぶ)は,団七に親殺しの刑罰を免れさせるために心を砕くが,磯之丞の帰参を見届けて団七は縄にかかる。…

※「団七九郎兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

団七九郎兵衛の関連情報