コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定資本減耗 こていしほんげんこうdepreciation of fixed capital

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固定資本減耗
こていしほんげんこう
depreciation of fixed capital

再生産可能な有形固定資産について,通常の損耗,予見される滅失,通常生じる程度の事故による損害などの減耗分を評価した額であり,生産過程で消耗した有形固定資産を代替するために必要な総生産の一部である。ただし政府サービス生産者の保有する道路,ダムおよび建物以外の構築物は実際上の計算が困難なため対象とならない。予見されない滅失,大災害,自然資源の枯渇などはキャピタルロス (→キャピタルゲイン ) として扱われ,固定資本減耗の対象とならない。固定資本減耗を含む計数は「総」 gross,含まない計数は「純」 netという言葉を付して呼ぶ。たとえば国内総生産 GDPは固定資本減耗を含む計数であり,固定資本減耗を除いたものは国内純生産国内総固定資本形成から固定資本減耗を控除したものは国内純固定資本形成である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

固定資本減耗の関連キーワード市場価格表示・要素費用表示要素費用表示市場価格表示国民経済計算国民総生産国民所得

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android