計数(読み)ケイスウ

大辞林 第三版の解説

数をかぞえること、また数えて得た数値。
経理・経済などに関すること。 -に明るい人
濃度に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 数をかぞえること。数の計算。算用。また、計算して出した数値。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「各国度量衡の製たる、種種一ならず。編中の計数、務めて帰一を要すれども、反て紛冗を繁くするを免れず」 〔史記‐秦始皇本紀〕
② はかりごと。計画。計策。〔荀子‐王制〕
③ 数学で、個数を表わすものとしての自然数の拡張。集合AとBとの間に一対一の対応があるとき、AとBとは同じ計数をもつという。カーディナル。基数。濃度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

計数の関連情報