コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国会放火事件 こっかいほうかじけん

百科事典マイペディアの解説

国会放火事件【こっかいほうかじけん】

1933年2月27日ドイツ国会議事堂が何者かによって放火され,全焼した事件。ナチス政府は直ちにこの責任をドイツ共産党に負わせ,翌日ワイマール憲法事実上停止し,引き続き共産党を弾圧,非合法化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の国会放火事件の言及

【ドイツ共産党】より

…党は中部ドイツやルールなど有力工業地帯に拠点を持ったが,労働組合や工場での足場が弱く,その活動力も結局社会民主党の壁を突破できなかった。 ナチス政権成立後,33年2月国会放火事件が起きると,ナチスはこれを共産党の責に帰して弾圧を開始,テールマンをはじめ,有力活動家を逮捕,投獄し,3月には党そのものも非合法化した。党指導部はパリ,次いでモスクワに逃れ,35年ピークウルブリヒトらの指導の下に人民戦線戦術に転換したが,ドイツでは残存した党員グループが独自に反ナチス活動を遂行,大きな犠牲を払った。…

※「国会放火事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国会放火事件の関連キーワード反ファシズム運動フレーム・アップ強制収容所亡命文学言論統制

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国会放火事件の関連情報