コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国友重次 くにとも しげつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国友重次 くにとも-しげつぐ

?-? 江戸時代前期の刀工。
父とともに鉄砲鍛冶(かじ)としてつかえた山内一豊(かずとよ)にしたがい,慶長6年(1601)遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川から土佐(高知県)に移住。刀鍛冶を本業とし,土佐新刀の祖といわれた。近江(おうみ)(滋賀県)出身。通称は四郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国友重次の関連キーワード重次刀工

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android