コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国土形成計画法 コクドケイセイケイカクホウ

デジタル大辞泉の解説

こくどけいせいけいかく‐ほう〔コクドケイセイケイクワクハフ〕【国土形成計画法】

国土の自然的条件を考慮して、経済・社会・文化等に関する施策の総合的見地から国土の利用、整備及び保全を推進するために制定された法律。昭和25年(1950)施行の国土総合開発法を平成17年(2005)改正・改称したもの。→国土形成計画

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

国土形成計画法の関連キーワード全国総合開発計画国土審議会産業立地国土

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android