コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国土形成計画 コクドケイセイケイカク

デジタル大辞泉の解説

こくどけいせい‐けいかく〔‐ケイクワク〕【国土形成計画】

昭和25年(1950)施行、平成17年(2005)改正・改称の国土形成計画法に基づき国が作成する、国土づくりの方向性を示す計画。新しい国土像として、多様な広域ブロックが自立的に発展する国土の構築を図る。→全国総合開発計画

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国土形成計画

戦後の開発行政を主導してきた全国総合開発計画(全総)に代わる、新たな国づくりの指針。05年制定の国土形成計画法に基づく制度で、国主導だった全総と違い、地方の声を採り入れたビジョン作りを目指している。

(2009-06-11 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

国土形成計画の関連キーワード海峡横断プロジェクト国土総合開発法国土審議会産業立地戦後

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国土形成計画の関連情報