国巌大佐(読み)こくがん だいさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国巌大佐 こくがん-だいさ

?-1616 織豊-江戸時代前期の僧。
曹洞(そうとう)宗。遠江(とおとうみ)(静岡県)の人。下総(しもうさ)結城(ゆうき)(茨城県)孝顕寺の舜国洞授(しゅんこく-とうじゅ)の法をつぎ,のち同寺の住持。陸奥(むつ)平藩(福島県)藩主鳥居忠政にまねかれ,長源寺をひらく。慶長13年越前(えちぜん)(福井県)孝顕寺住持となるが,病のため長源寺にもどった。元和(げんな)2年6月1日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android