コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国恥紀念日 こくちきねんび Guó chǐ jì niàn rì

1件 の用語解説(国恥紀念日の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくちきねんび【国恥紀念日 Guó chǐ jì niàn rì】

中華民国時代,列強の侵略によってこうむった国恥を〈紀念〉し反帝独立闘争を推進するための日。五・四運動によりまず二十一ヵ条にまつわる日本の最後通牒の通告日と北京政府の受諾日(5月7日,5月9日)がまずとりあげられ,のち辛丑(しんちゆう)条約締結日(9月7日)など時と所に応じていろいろであった。もっとも重要なのは9月18日の満州事変と7月7日の日中戦争開始日である。1929年に南京政府が制定した国恥紀念辧法は主要には人民の反帝闘争を国民党の統制下におこうとするものだった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国恥紀念日の関連キーワード王克敏広東政府国防大総統中華民国藍衣社五色旗民国日台清水董三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone