コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国恥紀念日 こくちきねんびGuó chǐ jì niàn rì

1件 の用語解説(国恥紀念日の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくちきねんび【国恥紀念日 Guó chǐ jì niàn rì】

中華民国時代,列強の侵略によってこうむった国恥を〈紀念〉し反帝独立闘争を推進するための日。五・四運動によりまず二十一ヵ条にまつわる日本の最後通牒の通告日と北京政府の受諾日(5月7日,5月9日)がまずとりあげられ,のち辛丑(しんちゆう)条約締結日(9月7日)など時と所に応じていろいろであった。もっとも重要なのは9月18日の満州事変と7月7日の日中戦争開始日である。1929年に南京政府が制定した国恥紀念辧法は主要には人民の反帝闘争を国民党の統制下におこうとするものだった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone