コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳条湖事件 りゅうじょうこじけん

6件 の用語解説(柳条湖事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳条湖事件
りゅうじょうこじけん

1931年9月 18日夜,奉天 (瀋陽) 北部の柳条湖 (柳条溝は当時の報道機関による誤報が流布したもの) で南満州鉄道の線路が小爆破された事件で,満州事変の発端となった。爆破したのは奉天独立守備隊の河本末守中尉らで,満州での兵力行使の口実をつくるため石原莞爾板垣征四郎関東軍幹部が仕組んだものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柳条湖事件

1931年9月18日、中国東北部の奉天(現在の瀋陽)郊外にある柳条湖で南満州鉄道の線路が爆破された。これを機に、現地の日本軍は「爆破は中国側の仕業」として軍事行動を開始、満州事変の発端となった。真相は日本軍の自作自演だった。

(2012-09-18 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうじょうこ‐じけん〔リウデウコ‐〕【柳条湖事件】

昭和6年(1931)9月18日、柳条湖で日本の関東軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件。関東軍はこれを中国軍の行為として出兵し、満州事変の口火を切った。従来、事件発生地は「柳条溝」とされてきたが、「柳条湖」の誤り。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

柳条湖事件【りゅうじょうこじけん】

満州事変の発端となった事件。満州の軍事占領を計画した関東軍参謀板垣征四郎石原莞爾奉天特務機関土肥原賢二らの陰謀によるもの。1931年9月18日夜,奉天(瀋陽)郊外柳条湖の満鉄線路で小爆発事件を起こし,張学良軍の陰謀と称して付近の兵営北大営(ほくだいえい)を奇襲攻撃,のち全面的攻撃に移り,満州事変を起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうじょうこじけん【柳条湖事件】

満州事変の発端となった謀略事件。かねて満州(現,中国東北部)の武力占領を画策していた関東軍幕僚の板垣征四郎石原莞爾(かんじ)らは,1931年6月末,南満州鉄道沿線にある中国軍(東北辺防軍)兵営の北大営付近の柳条湖で9月下旬に軍事行動を起こすことを計画した。しかし企図が政府側にもれたため,予定を繰り上げ,9月18日午後10時20分ころ,独立守備歩兵第2大隊第3中隊の河本末守中尉が柳条湖の満鉄線路に爆薬をしかけ爆発させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳条湖事件
りゅうじょうこじけん

1931年(昭和6)9月18日の謀略的満鉄線路爆破事件。満州事変の引き金となった。従来、柳条溝事件と通称されていたが、1980年の中国における学会報告で、事件現場の地名などから柳条湖事件と改称すべきであると提起された。31年3月、宇垣一成(うがきかずしげ)内閣を企図する軍事クーデターが発覚した(三月事件)。関東軍高級参謀板垣征四郎(いたがきせいしろう)大佐や同作戦主任参謀石原莞爾(かんじ)中佐らはすでに満蒙(まんもう)領有計画を作成していたが、三月事件後に石原は「満蒙問題私見」などを執筆、満州で軍事行動を起こし、それを機に国内の軍事的改革を断行する計画を作成した。柳条湖事件はこれらの計画を具体化する謀略であった。関東軍の計画には、軍中央部の参謀本部第一(作戦)部長建川美次(たてかわよしつぐ)中将、同支那(しな)課長重藤千秋(しげとうちあき)大佐、支那班長根本博中佐らも加わっていた。軍事行動は計画の漏洩(ろうえい)により早められ、9月18日に実行された。満鉄線路の爆破といっても、列車の運行に影響を与えないように爆薬量が計算され、爆破を合図に奉天(ほうてん)にいた板垣高級参謀が軍司令官名で奉天城と張学良(ちょうがくりょう)軍の宿営北大営(ほくだいえい)を攻撃させ、19日中には計画どおりの軍事行動で営口(えいこう)、安東(あんとう)、鳳凰(ほうおう)城、長春(ちょうしゅん)など満鉄沿線の主要都市を占領した。さらに計画には朝鮮軍の増援があったが、参謀総長金谷範三(かなやはんぞう)大将が出兵を中止させた。そこで吉林(きつりん)で事件を起こし、吉林出兵を実施、これに伴い朝鮮軍を独断越境させた。これに対し、事件勃発(ぼっぱつ)直後、不拡大方針をとった若槻礼次郎(わかつきれいじろう)内閣は22日の閣議で軍事行動を追認し、予算の支出を承認、さらに24日には軍の行動の正当性を認める声明を発表し、軍の行動を容認した。[君島和彦]
『島田俊彦著『関東軍』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳条湖事件の関連キーワード上海事変宣統帝塘沽停戦協定土肥原賢二満州事変発端リットン県内の出征兵士片倉衷伊達順之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone