国本(読み)こくほん

精選版 日本国語大辞典「国本」の解説

こく‐ほん【国本】

〘名〙 国家の基本。国の基礎。国基(こっき)
※公議所日誌‐三・明治二年(1869)三月「上下交も相助け、国本を立べし」 〔礼記‐冠義〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「国本」の解説

【国本】こくほん

国の基礎。〔唐大詔令、二十八、遂王を(さく)して皇太子と為す文〕(ちよし)(皇太子)を立し、國本を崇嚴にす。

字通「国」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android