コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民精神 コクミンセイシン

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐せいしん【国民精神】

その国民が共通して持っている固有の気質・精神。
国民自己犠牲にして国家のために尽くすべきであるとする精神

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国民精神の言及

【時代精神】より

…ヘルダーは,民族的な精神文化,とくに民俗的,地方的な言語や詩に深い関心を寄せるとともに,人類史を人間精神の完成に向かう普遍的歴史としてとらえる考え方を提示し,〈もろもろの時代の精神〉を示す〈諸民族の精神〉,〈諸民族の天才〉などの概念を用いた。さらに,ヘーゲルは,〈民族精神〉(近代国民国家の形成にともない〈国民精神〉ともなる)を,人類史(世界史)の発展の諸段階における普遍的な〈世界精神Weltgeist〉の顕現と考え,民族精神の歴史的,時代制約的性格を明確にした。こうして,普遍的な人間精神が特殊的,歴史的現実に具現するところに,ある時代の精神=文化の特徴を表す時代精神の存在をみる見方が確立される。…

※「国民精神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国民精神の関連キーワード立入宗継(たてりそうけい)国民精神作興ニ関スル詔書満蒙開拓青少年義勇軍国立教育政策研究所国民精神文化研究所国民精神総動員運動ドイツ国民に告ぐ国民精神作興詔書教化総動員運動打ちてし止まん国立教育研究所花田 仲之助近衛文麿内閣田中 久夫紀平 正美花田仲之助大坪 保雄吉田 熊次興亜奉公日杉靖三郎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民精神の関連情報