適度(読み)テキド

デジタル大辞泉 「適度」の意味・読み・例文・類語

てき‐ど【適度】

[名・形動]程度がほどよいこと。また、そのさま。「適度な(の)運動」「適度な(の)湿り気
[類語]適当適宜程程ほどほどそこそこい加減手頃程好い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「適度」の意味・読み・例文・類語

てき‐ど【適度】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) 程度がちょうどよいこと。ほどよいこと。また、そのさま。適当な程度。
    1. [初出の実例]「此製法若し加里の分量適度を超ゆれば中塩と為て試薬医方の用に堪へず」(出典:舎密開宗(1837‐47)内)
    2. 「間隔の適度(テキド)なるが為めに」(出典虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一七)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「適度」の読み・字形・画数・意味

【適度】てきど

丁度。

字通「適」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android