適度(読み)てきど

精選版 日本国語大辞典「適度」の解説

てき‐ど【適度】

〘名〙 (形動) 程度がちょうどよいこと。ほどよいこと。また、そのさま。適当な程度。
※舎密開宗(1837‐47)内「此製法若し加里の分量適度を超ゆれば中塩と為て試薬医方の用に堪へず」
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一七「間隔の適度(テキド)なるが為めに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「適度」の解説

てき‐ど【適度】

[名・形動]程度がほどよいこと。また、そのさま。「適度な(の)運動」「適度な(の)湿り気

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android