コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近時政論考 きんじせいろんこう

1件 の用語解説(近時政論考の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんじせいろんこう【近時政論考】

陸羯南(くがかつなん)の著作,1891年刊。羯南が主宰していた《東京電報》日本》に連載した社説をまとめたもので,〈近時政論考〉〈自由主義如何〉〈近時憲法考〉の3編からなる。国民の統一と独立を目標とし,自由や立憲主義をそれに役立つかぎりで評価する,彼の保守的な〈国民主義〉の立場がよく示されている。〈憲法考〉と〈政論考〉は,維新後における憲法制度と政論の変遷をあとづけた史論としても重要である。【植手 通有】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近時政論考の関連キーワード陸羯南朝比奈知泉生活難末男陸実桜田文吾関長克徳川綱教横谷葛南

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近時政論考の関連情報