コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近時政論考 きんじせいろんこう

世界大百科事典 第2版の解説

きんじせいろんこう【近時政論考】

陸羯南(くがかつなん)の著作,1891年刊。羯南が主宰していた《東京電報》《日本》に連載した社説をまとめたもので,〈近時政論考〉〈自由主義如何〉〈近時憲法考〉の3編からなる。国民の統一と独立を目標とし,自由や立憲主義をそれに役立つかぎりで評価する,彼の保守的な〈国民主義〉の立場がよく示されている。〈憲法考〉と〈政論考〉は,維新後における憲法制度と政論の変遷をあとづけた史論としても重要である。【植手 通有】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近時政論考の関連キーワード当時匡済

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android