コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民道徳 こくみんどうとく

2件 の用語解説(国民道徳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民道徳
こくみんどうとく

明治中期以降主張された国家主義家父長制倫理思想に基づく道徳体系。井上円了の『日本倫理学案』 (1893) が原型。教育勅語に基づく修身教授と一体化し国民教化の性格を決定,天皇制を思想的に支えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国民道徳の関連情報