コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民道徳 こくみんどうとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民道徳
こくみんどうとく

明治中期以降主張された国家主義的家父長制倫理思想に基づく道徳体系。井上円了の『日本倫理学案』 (1893) が原型教育勅語に基づく修身教授と一体化し国民教化の性格を決定,天皇制を思想的に支えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐どうとく〔‐ダウトク〕【国民道徳】

ある国民に固有の道徳。
国民として守らなければならない道徳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国民道徳の関連キーワード神道指令と靖国神社高等学校(旧制)臨時教育会議国体明徴問題国教分離指令藤井 健治郎小松原英太郎日本弘道会深作 安文三浦 藤作西 晋一郎補永 茂助井上哲次郎日本道徳論吉田 熊次藤井健治郎河野 省三明治天皇忠君愛国家族主義

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民道徳の関連情報