国民道徳(読み)こくみんどうとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民道徳
こくみんどうとく

明治中期以降主張された国家主義的家父長制倫理思想に基づく道徳体系。井上円了の『日本倫理学案』 (1893) が原型教育勅語に基づく修身教授と一体化し国民教化の性格を決定,天皇制を思想的に支えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐どうとく〔‐ダウトク〕【国民道徳】

ある国民に固有の道徳。
国民として守らなければならない道徳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こくみん‐どうとく ‥ダウトク【国民道徳】

〘名〙
① ある国民に特有な道徳。
② 国民として特に守らなければならない道徳。
日本道徳論(1887)〈西村茂樹〉「王政維新以来全く公共の教といふ者なく、国民道徳の標準定まらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民道徳の関連情報