コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民道徳 こくみんどうとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民道徳
こくみんどうとく

明治中期以降主張された国家主義的家父長制倫理思想に基づく道徳体系。井上円了の『日本倫理学案』 (1893) が原型教育勅語に基づく修身教授と一体化し国民教化の性格を決定,天皇制を思想的に支えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐どうとく〔‐ダウトク〕【国民道徳】

ある国民に固有の道徳。
国民として守らなければならない道徳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国民道徳の関連キーワード神道指令と靖国神社高等学校(旧制)国体明徴問題藤井 健治郎国教分離指令臨時教育会議小松原英太郎三浦 藤作日本道徳論西 晋一郎吉田 熊次補永 茂助深作 安文河野 省三日本弘道会井上哲次郎藤井健治郎深作安文明治天皇紀平正美

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民道徳の関連情報