国民道徳(読み)こくみんどうとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民道徳
こくみんどうとく

明治中期以降主張された国家主義的家父長制倫理思想に基づく道徳体系。井上円了の『日本倫理学案』 (1893) が原型教育勅語に基づく修身教授と一体化し国民教化の性格を決定,天皇制を思想的に支えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐どうとく〔‐ダウトク〕【国民道徳】

ある国民に固有の道徳。
国民として守らなければならない道徳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民道徳の関連情報