コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上円了 いのうえ

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐えんりょう〔ゐのうへヱンレウ〕【井上円了】

[1858~1919]哲学者・教育者。新潟の生まれ。欧化思潮に対して東洋思想を強調し、仏教哲理を説いた。妖怪学の祖。哲学館(のちの東洋大学)を設立。著「仏教活論」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

井上円了【いのうええんりょう】

仏教的哲学者。新潟県の僧侶の出。東大哲学科卒。欧化主義に対し《哲学一夕話》《仏教活論》等で東洋思想を強調。1887年東洋大学の前身哲学館を創設,仏教の哲学的基礎づけを教えた。
→関連項目河口慧海佐々木喜善スピリチュアリズム東洋大学三宅雪嶺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上円了 いのうえ-えんりょう

1858-1919 明治-大正時代の仏教哲学者。
安政5年2月4日生まれ。東京大学在学中の明治17年哲学会を組織し,仏教の復権をめざす。20年東京湯島に哲学館(現東洋大)を創立国粋主義に共鳴し,翌年政教社の創立にくわわる。迷信打破のため「妖怪学講義」をあらわし,妖怪博士といわれた。中国視察中の大正8年6月6日大連で死去。62歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は襲常。著作に「真理金針」「仏教活論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井上円了

没年:大正8.6.5(1919)
生年:安政5.2.4(1858.3.18)
明治大正期,東西の思想を統合しようとした哲学者。新潟県の真宗大谷派慈光寺の井上円悟,いくの長男。京都東本願寺の教師学校の留学生として東京大学の哲学科に入学。明治17(1884)年に哲学会を発足させた。18年東大を卒業。20年に哲学書院をつくり,『哲学会雑誌』を創刊。さらに同年,哲学館(東洋大学)を創設し,哲学を中心とする高等教育を大衆が学ぶことができるようにした。また21年政教社をつくり,『日本人』を発行し,西洋の長所を認めながらも,日本固有のものを保存しようと主張した。著書は,哲学関係では諸学の基礎として純正哲学を説く『純正哲学講義』,それを集大成して宇宙の全体を示す『哲学新案』,宗教関係では進化論に基づいてキリスト教を批判し,仏教に西洋哲学からみた真理が真如という形で存在すると説く『真理金針』(1886~87),『仏教活論序論』『仏教活論本論』,心理関係では『心理摘要』,仏教の心理説を西欧の心理学の立場からまとめた『東洋心理学』『仏教心理学』,わが国最初の『心理療法』,また学際的な分野では民間の迷信をなくし,近代化をはかるための科学概論ともいうべき『妖怪学講義』(1894)がある。井上は多くの分野において先駆的な業績を開拓している。好奇心のきわめて強い人であり,学問を社会に役立てようとしたことは注目に値する。<参考文献>井上円了記念学術センター編『井上円了選集』全11巻

(恩田彰)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いのうええんりょう【井上円了】

1858‐1919(安政5‐大正8)
近代の仏教哲学者。新潟県の真宗大谷派慈光寺の人。1885年東京大学哲学科卒業。生涯,仏教の哲学的形成や仏教革新運動,その国粋論的顕揚などに努めた。87年東京湯島に哲学館(東洋大学の前身)を創設,翌年本郷に哲学書院を設けて哲学書を出版し,また雑誌《哲学会雑誌》《東洋哲学》などを刊行し,明治期の国粋主義に共鳴して政教社の創立や雑誌《日本人》発刊などに関与した。主著《真理金針》3巻,《仏教活論》3巻(序論・破邪活論・顕正活論)でキリスト教を批判して仏教を顕彰し,《妖怪学講義》8巻で迷信打破に努めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いのうええんりょう【井上円了】

1858~1919) 仏教哲学者。新潟県生まれ。東大卒。号、甫水。仏教・東洋哲学の新解釈に努めた。哲学館(現在の東洋大学)を創立。著「仏教活論」「仏教哲学系統論」「妖怪学講義」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井上円了
いのうええんりょう

[生]安政5(1858).2.4. 越後
[没]1919.6.6. 大連
仏教哲学者。 1887年に『仏教活論』を著わし,仏教哲学に西洋哲学を結びつけて説いた。また同年に哲学館 (東洋大学の前身) を創設し,1903年には東京中野に哲学堂を建設した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上円了
いのうええんりょう
(1858―1919)

明治・大正時代の仏教哲学者、教育家。安政(あんせい)5年2月4日、越後(えちご)国(新潟県)三島(さんとう)郡浦村(現、長岡市)の浄土真宗大谷派慈光寺に生まれる。幼名は岸丸、のちに襲常(しゅうじょう)、得度して円了と改名した。号は甫水(ほすい)。石黒忠悳(いしぐろただのり)より漢籍を学び、長岡洋学校、東本願寺教師学校、東京大学哲学科を卒業後、キリスト教や欧化的風潮、仏教僧侶(そうりょ)の腐敗に対して、『真理金針(しんりこんしん)』(1886)、『仏教活論(序論)』(1887)を著して警醒(けいせい)に努めた。また哲学会、国家学会を組織、1887年(明治20)には哲学館(後の東洋大学)を創立した。また東京・中野に哲学堂を建て、釈迦(しゃか)、孔子、ソクラテス、カントの四聖を祀(まつ)った。晩年は迷信否定のため『妖怪学講義録(ようかいがくこうぎろく)』を著し、世に妖怪博士と称された。『仏教活論』の主張は、倶舎(くしゃ)の哲学は唯物論に、法相(ほっそう)の阿頼耶識(あらやしき)はカントやフィヒテの絶対主観に合致し、これらを統一したものが天台の中道(ちゅうどう)思想であること、大乗思想は西洋の最大幸福説と同一に帰するとすることなどで、キリスト教に対して仏教の優位を説き、明治仏教界に多大の影響を与え、仏教復興の端緒となった。大正8年6月5日、中国旅行中、遼寧(りょうねい)省大連(だいれん)で客死した。[金田諦応]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の井上円了の言及

【心霊学】より

… 日本でも古くから心霊現象の存在が報告されてきたが,江戸末期の国学者平田篤胤らの客観的な記述による調査研究(例えば《仙境異聞》《勝五郎再生記聞》)はあったものの,科学的な研究が開始されたのは明治期以降である。1884年,東京帝国大学の井上円了は,文明開化の風潮の中で,妖怪学の研究に着手,86年には同大学に〈不思議研究会〉を開設した。迷信の打破を目的とし,心霊現象自体の研究をめざすものではなかったが,科学的な調査を行ったという点で評価に値する。…

【東洋大学】より

…東京都文京区白山に本部をおく私立大学。1887年哲学者井上円了が,東京本郷の麟祥院内に開設した私立哲学館を起源とする。井上は同館の設立を,学問の中心たる哲学が帝国大学の専修になっている実状を打開し,晩学で速成を求める者,資力乏しい者,外国語原書の読めない者などに哲学修得の道を開くためであるとした(〈哲学館開設の趣旨〉)。…

【日本人】より

政教社発行の雑誌。東京大学出身の三宅雪嶺井上円了らと札幌農学校出身の志賀重昂,今外三郎らの若手知識人によって1888年4月創刊された。その主張は,藩閥政府の推進する欧化政策に反対し,〈国粋〉を〈保存〉しようとするナショナリズムにあった。…

※「井上円了」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

井上円了の関連キーワードK.M. スタッグス棚橋 一郎高井 観海井上 円了石沢 慈興高嶋 米峰大谷 光演中野(区)河口 慧海湯本武比古中西 牛郎哲学堂公園国民道徳北条靄山清沢満之玉木西涯高井観海高島米峰石沢慈興福田海

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上円了の関連情報