コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国津 くにつ

世界大百科事典内の国津の言及

【津】より

…古代律令制社会では,民部省の管掌下,国郡司による国家的管理をうけた。中世では,その伝統をひく国津(国府の外港)が重要な位置を占め続けるとともに,《庭訓往来》に領地開発の際設置すべきものとして〈廻船着岸之津〉が上げられているように,さまざまな津が各地域の開発にともなって簇生した。その中には,備後国尾道(おのみち)や伊勢国安濃津(あのつ)のように,荘園の倉敷や津屋が集中し,中小都市の実態を有するに至ったものも多い。…

※「国津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

国津の関連キーワード三重県津市美杉町太郎生愛媛県松山市八反地【さる】田彦大神天津神・国津神森鴎外・森鷗外天津罪・国津罪佐々木 清麿北条の秋祭り藤堂 高潔宇治比売命高天原神話吉備津采女椎根津彦大国主神天孫降臨倶留尊山藤波神道崇神天皇藤堂高猷奇稲田姫

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国津の関連情報