コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島市 とくしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳島〔市〕
とくしま

徳島県北東部,紀伊水道に面する市。 1889年市制。 1951年多家良 (たから) 村,勝占 (かつうら) 村,95年新居 (にい) 町,上八万 (かみはちまん) 村,川内 (かわうち) 村と入田 (にゅうだ) 村の一部,66年応神 (おうじん) 村,67年国府 (こくふ) 町をそれぞれ編入。県庁所在地。北部は吉野川下流の三角州,南部は丘陵性の山地を占める。江戸時代,蜂須賀氏 25万石の城下町として発達。また,阿波特産アイ (藍) の集散地としてにぎわった。市の東部は工業地区で,造船業,綿織物業,金属工業のほか,鏡台,たんすなど木工業が行われる。浄瑠璃で有名な阿波十郎兵衛屋敷跡,日本を愛した文学者モラエスの墓などがある。蜂須賀氏の築城を祝って住民たちが踊ったのが起源といわれる阿波踊は特に有名。眉の形をした眉山 (びざん) は,中世までは聖なる山,次いで城下町防御の拠点とされたが,現在は観光地となっている。旧徳島城表御殿庭園は名勝。市域には四国八十八ヵ所の第 13番札所大日寺,第 14番札所常楽寺,第 15番札所国分寺,第 16番札所観音寺,第 17番札所井戸寺がある。市街地の南方にある丈六寺の本尊聖観世音菩薩は重要文化財。西部は東山渓県立自然公園に属する。 JR高徳線,徳島線,牟岐線の起点。国道 11号線,55号線,192号線,438号線が通じる。徳島港から阪神,和歌山,東京,小倉へフェリーが運航する。面積 191.25km2。人口 25万8554(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

徳島市の関連キーワード徳島県徳島市西須賀町喜右衛門開徳島県徳島市入田町内ノ御田徳島県徳島市八多町鹿ノ首南徳島県徳島市八多町大久保北徳島県徳島市西須賀町又新堤徳島県徳島市西須賀町下中須徳島県徳島市入田町天ノ原徳島県徳島市入田町安都真徳島県徳島市八多町蔵ノ内徳島県徳島市八多町鹿ノ首徳島県徳島市八多町大久保徳島県徳島市八多町小倉北徳島県徳島市八多町風早北徳島県徳島市入田町月ノ宮徳島県徳島市入田町神ノ池徳島県徳島市西富田町山分徳島県徳島市八多町三反地徳島県徳島市西須賀町中開徳島県徳島市西須賀町鶴島徳島県徳島市西須賀町囲入

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳島市の関連情報