コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国府津 こうづ

6件 の用語解説(国府津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国府津
こうづ

神奈川県南西部,小田原市東部の地区。相模湾にのぞむ海岸段丘上に立地し,国道1号線,西湘バイパスが通る。平安中期に相模国国府が大磯町国府におかれ,その港となったことが地名の由来。東海道本線が当初は現在の JR御殿場線ルートをとったために,箱根,伊豆方面への交通の要地となったが,1934年丹那トンネルの開通後は,その地位を小田原に譲った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうづ〔コフづ〕【国府津】

神奈川県小田原市東部の地名。東海道本線が通じ、御殿場線を分岐する。古くは相模国府の外港。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国府津【こうづ】

神奈川県小田原市東部の一地区。相模湾に臨み,地名は古代,相模国府の外港であったことに由来。明治〜昭和初期東海道本線(現御殿場線)と熱海線(現東海道本線)が分岐する熱海・伊豆方面への関門として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうづ【国府津】

神奈川県小田原市東部の旧町名。平安時代から余綾郡にあった相模国の国府(現在の大磯町国府新宿付近)の津であったためこの名があるというが不詳。《曾我物語》《鎌倉大草紙》にこの字をあてて宿駅名とした所見があるから,室町初期にはそう信じられていたと思われる。1889年東海道線が開通して駅が開設され,小田原,熱海方面の乗換え客でにぎわったが,1934年の丹那トンネル開通後は御殿場経由の路線は御殿場線として1支線になり,町は衰微した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうづ【国府津】

神奈川県小田原市東部の地名。東海道本線と御殿場線(旧東海道本線)の分岐点。古く、相模国の国府(大磯町)の外港であった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国府津
こうづ

神奈川県小田原市東部の地区。旧国府津町。JR東海道本線が通じ、御殿場(ごてんば)線を分岐する。国道1号、西湘(せいしょう)バイパスが通る。古代の相模(さがみ)国府(大磯(おおいそ)町国府本郷)の津であったことが地名のおこり。景勝地で、古くから水陸交通と軍事上の要地。中世には「関」が設けられ、鎌倉鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)の修理のために関銭が徴収されていた。沿岸はタイ、ヒラメ、マグロ、アジなどの好漁場で、江戸時代には幕府の魚調進地の一つ。明治中期の東海道線の開通にあたり、本線は御殿場経由となったので、国府津は小田原、箱根、湯河原、熱海(あたみ)、東伊豆方面への旅行者の下車地となり(小田原方面へは軽便鉄道が、熱海方面へは舟便が通じた)、駅前町が発達し、有力金融機関も進出した。現在、一帯の丘陵はミカン畑で、漬物と水産加工品が特産。宝金剛(ほうこんごう)寺は北条氏が信仰し、国指定重要文化財の銅造大日如来坐像(ざぞう)がある。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国府津の関連情報