コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国田敬武 くにた たかたけ

1件 の用語解説(国田敬武の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国田敬武 くにた-たかたけ

1827-1873 幕末-明治時代の国学者,神職。
文政10年生まれ。佐藤昌信にまなび,平田篤胤(あつたね)晩年の門人となる。父から能登(のと)(石川県)羽咋(はくい)郡土田組の十村役をつぎ,のち郷長棟取。河川改修,道路補修などの事業につくした。明治5年気多(けた)神社禰宜(ねぎ)。明治6年6月死去。47歳。通称は弥五郎

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国田敬武の関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング黒田麹廬五姓田芳柳阿部茂兵衛気象観測児童雑誌

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone