コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国田敬武 くにた たかたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国田敬武 くにた-たかたけ

1827-1873 幕末-明治時代の国学者,神職。
文政10年生まれ。佐藤昌信にまなび,平田篤胤(あつたね)晩年の門人となる。父から能登(のと)(石川県)羽咋(はくい)郡土田組の十村役をつぎ,のち郷長棟取。河川改修,道路補修などの事業につくした。明治5年気多(けた)神社禰宜(ねぎ)。明治6年6月死去。47歳。通称は弥五郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国田敬武の関連キーワード明治時代国学者

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android