コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立自然教育園 コクリツシゼンキョウイクエン

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐しぜんきょういくえん〔‐シゼンケウイクヱン〕【国立自然教育園】

自然教育園

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくりつしぜんきょういくえん【国立自然教育園】

東京都港区白金台にある。面積約20万m2。園内は台地,湧水池,谷,湿地に富んでいる。生物群落も豊富で学術上貴重なものとされる。江戸時代には高松藩主松平讃岐守の下屋敷であった。1871年(明治4)に国有地となるが,75年から1911年までは陸軍の火薬庫,17年宮内省の管轄に移り白金御料地として終戦まで続いた。この火薬庫と宮内省の時代をあわせて約70年の間,人工が加えられなかったことが,自然性を保持した原因である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国立自然教育園の関連キーワード東京都港区白金台白金(東京都)港(区)白金城白金