コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立近代美術館 コクリツキンダイビジュツカン

2件 の用語解説(国立近代美術館の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐きんだいびじゅつかん〔‐キンダイビジユツクワン〕【国立近代美術館】

近代日本の美術品を収集・展示する国立の美術館。東京と京都にある。→東京国立近代美術館京都国立近代美術館

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国立近代美術館の言及

【京都国立近代美術館】より

…京都市岡崎公園内にある美術館。1963年国立近代美術館(現,東京国立近代美術館)京都分館として開館,67年独立して現名称となる。日本画,工芸品などの収集をすすめ,内外の近・現代美術や現代工芸の動向を探る企画展を開催するとともに,関西出身の近代美術作家の回顧展も行う。…

【東京国立近代美術館】より

…東京,北の丸公園内にある美術館。1952年京橋に国立近代美術館として開館,67年京都分館独立(京都国立近代美術館)に伴い現名称となり,69年現在の建物(谷口吉郎設計)に移る。京橋の旧建物のフィルムセンター(1970開設)と77年旧近衛師団指令部(北の丸公園)を改装して設けられた工芸館を分館とする。…

※「国立近代美術館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立近代美術館の関連情報